後世に伝えたい、山桜の美しさ


山桜はブラックウォールナットや楢と共に絶大な人気を誇り、現代の最高の木材の一つとして君臨しています。製材したての心材は薄桃色をしていますが、経年変化の中で紫外線の影響により濃く深い飴色に変化するのが特徴です。その劇的な変化から使い込むほどに風合いを増すという無垢材ならではの魅力を実感する事ができます。 材面は緻密で滑らかな木肌を持ち磨けば磨くほど美しい光沢を得る事が出来るうえ、水に強く耐久性にも優れています。 成長の過程や気候の変化で起こる縮みにより「さざなみ紋」と呼ばれる独特の紋様が現れます。山桜の生き様を木目に生かすことで生まれた表情と存在感が人々を魅了します。 また、日本人の桜に対する愛着は世界でも珍しく世界最古の小説「源氏物語」を始め頻繁に取り上げられています。桜に対する崇拝は1000年を遥かに超える長さで日本人の心に深く根ざし、少なくとも弥生時代か更に昔に遡ると考えらます。 古色蒼然としてしなびた幹に咲く繊細ではかない、生命力に満ちた淡い桃色の花弁は歴史と伝統のある文化を背景に、命のもろさと美しさを体現しています。